beta access - SoftPlex

コンテンツに移動します
beta access
RACF運用管理ツール
beta accessは、z/OS RACF運用・管理の効率化を図るツールです。RACFへのオンライン・インターフェースを提供することで複数環境にあるRACFシステムの運用・管理・監査を効率化します。

  • 見やすく操作性の高いRACF管理機能を提供
  • RACF SMF レコードを入力とした迅速で柔軟な監査機能を提供
  • z/OSに習熟していないユーザーでもWebブラウザ経由でRACF操作可能
  • ユーザーのパスワードのリセット等のRACF管理をHelpdeskへオフロード可能
  • 複数環境のRACF DBを一元管理
beta access コンポーネントについて
beta access Administrator
RACF管理・運用をより効率よく、簡単に行う機能を提供

beta access Auditor
RACF SMF レコードを入力とした迅速で柔軟な監査機能を提供

beta access easy (Helpdesk)
z/OSに習熟していないユーザーでもWebブラウザ経由でユーザーのパスワードのリセット等のRACFユーザー管理が可能

beta access analyze (Drill Down Facility)
Windows環境でのセキュリティ監査、レポート生成を実現します。RACF定義情報をドリルダウン形式で閲覧、検索を行います。
ユーザーまたはグループ毎にアクセス権限を解析
複数RACFシステム管理:マルチCPU
  • 一環境のインターフェースから複数RACFシステムを一元管理
  • RACF DB の世代保管、比較が可能
  • 異なる環境の RACF DB を比較可能
RACF DBのコンペア機能
CA Top Secret から IBM RACF に移行する際に beta access を活用
T2R Migration Toolkitはbeta accessの機能と併用して、CA Top SecretからRACFへの移行をスムーズに行うツールキットです。Top Secret のようにユーザーを軸にしてリソース一覧及び権限の確認、変更を行うことができます。
  • 移行のフェーズごとにできたRACF DBの差分比較
  • 構築中のRACF DBの内容をWindowsアプリから直接スピーディに精査
  • 同じアクセス権限を持つユーザーの作成は beta access のクリーニング機能で対応
  • TSSの期限付きアクセス権限 FOR()またはUNTIL()をbeta access のTimed Command 使って再定義
  • WARNINGモードでデータセットの新規作成イベントもキャッチ
CA Top Secret から IBM RACF移行中一定期間WARNINGモードで運用し、SYSLOGに出力されるICH408I のINSUFFICIENT AUTHORITY – TEMPORARY ACCESS ALLOWED メッセージを基に定義の不足分を洗い出すフェーズがあります。しかし、データセット新規作成の場合、RACROUTE REQUEST=DEFINE SAF要求が発行されるため、SYSLOGにICH408Iメッセージが出力されません。この場合、beta access SMFレポートでセキュリティーイベントのレポートで対応できます。
beta access easy(Helpdesk)
Webインターフェースにも対応
対応機能
  • パスワードリセット
  • ユーザデータの変更
  • ユーザ名及びユーザ関連データの編集
  • ユーザのグループへのCONNECT/REMOVE
  • ユーザのRESUME/REVOKE
  • 変更申請/承認機能
beta access 動導入要件
OS:
IBMが現在サポートしている z/OS
システム設定
  • SVC登録
    SVC番号(200~255)の登録が必要です。
  • APF許可登録
    ロードモジュール・ライブラリをAPF登録する必要があります。
  • STC登録
    開始プロシージャを登録する必要があります。
必要リソース:700CYL程度
Copyright © SoftPlex All rights reserved.
お問い合わせ
(03) 5614-5821
sales@softplex.co.jp
〒103-0015
東京都中央区日本橋箱崎町41-12
お問い合わせ
営業時間 平日 9:00 - 18:00
定休日  土・日・祝日
コンテンツに戻る